東京近郊にある霊園の具体的なサービス一例

霊園とは、明るく綺麗な公園のような環境を持つ墓苑や共同墓地の呼ぶ名前で、公園墓地のことを言います。墓地には、公営や民間、寺院の3つの種類があり、経営管理する法人と資格制限によって分かれています。都立の墓地では、事業主体は東京都であっても管理と運営は公益財団法人 東京都公園協会が行なっています。いずれの墓地の運営や管理には、倒産し難い永続的な保証がある公営法人や自治体の定めにより経営の許可を出しています。それに伴い、経営主体が宗教法人であった場合でも、運営や管理が財団法人ということもあり、最近の寺院では檀家制度を行なっていないお寺もあります。そのため、民営の墓地で経営主体が寺院であっても、その宗派に入檀することにはなりません。また、都立の墓地以外の公営の墓地でも、地方自治法改正により民間企業でも運営管理が可能となっています。

霊園で行なっているサービスのあれこれ

お彼岸やお盆でもなかなかお墓参りができない方や自分が病気などで外出ができない方でも、お墓参りをすることを忘れたことがないと言えるでしょう。自分でお墓参りができない方に代わって、気軽に利用できるサービスを提供している霊園も多くあります。そのサービスには、いつでも気持ちよいお墓であるための清掃代行サービスや献花とお線香代行サービスが代表的です。ほかにも法要はもちろん、送迎バスの運行、供花や供物などの購入代行サービスなど、それぞれの場所によってさまざまなサービスを用意しています。法要についても、法要内容に応じて宗派に合った僧侶の手配や法要室での会食の手配など、充実したサービスを行なっているところも少なくはありません。また、引出物や引き菓子の手配も行なってくれるところもありますので、施主自身で持ち込む手間がないのがポイントです。

条件がよく費用のかからないお墓

都内の墓地などは交通のアクセスの良さは大変に魅力ですが、環境をはじめ、広さや価格、設備などのさまざまな条件を考えるとお墓の選択肢は必然的に限られていまいます。これからお墓を建てることを考えている場合には、都心に条件を絞らずに東京近郊の霊園を思慮に検討している方も多くいます。条件がより良く、安くお墓が購入できるメリットもあります。横浜にあるお墓では、都内と同じ広さであっても、都内の民営のお墓の標準の約4分の1の価格で永代使用権を取得できます。四季折々の自然に囲まれたお墓では、都会の喧騒から離れ開放的な環境の中で静かに落ち着いてお墓参りができ、段差のないバリアフリー設備を整えているのが特徴です。広大な敷地を誇るお墓では、法要施設を整えているため葬儀や法要、会食も場所を移動せずに行なえるため、施主の手間や参列者の負担も和らげます。