東京近郊で霊園を探すときの注意点のまとめ

東京はわが国の政治や経済の中心地であって、さまざまな施設が集積しています。人口も全国のなかでは当然のこととして多く、オフィスビルやショッピングモール、マンション、アミューズメント施設などを建てるための土地の需要も旺盛であるといえます。こうしたことから、人が亡くなったときにはかならず必要になるはずの墓地として利用できる土地については、逆に不足しがちであるということもできます。そこで、この近郊でお墓を新しく建てるための霊園を探すのであれば、あらかじめさまざまな情報を収集するなどして、準備をおこたらないようにすべきです。実際に探すにあたっては、いくつか注意したい点がありますので、そうした点をひとつずつ確認しながら、ふさわしいところを選びたいものです。

購入するときの制約条件を確認する

東京近郊での霊園選びにあたっては、なんらかの制約条件がないかどうかは、かならず気にしておきたい部分であるといえます。公設の場合であれば、通常は都民以外申し込みができないなどといった、住所に関する条件がかならず入っているはずです。他地域での申し込みは、原則としてむずかしいということは、あらかじめ想定したほうがよいでしょう。また、寺院の境内墓地のようなところであれば、その寺院の宗派が、先祖代々の宗派と同じであるかどうかを確認すべきものといえます。この場合ですが、特定の宗派以外は認めないというのが制約条件となってきます。ただし、場合によっては、宗派に関する制約条件がなく、どのような宗派であっても受け入れるとしているところもありますので、これはそれぞれの寺院の判断によります。

費用についての見積もりをしっかりとする

東京での霊園選びをするのであれば、費用がいくらかかるのかは重要です。この場合ですが、永代使用料などの、当初だけ負担をすることになる費用があるとともに、管理費などの名目で、毎年いくらかかかるような費用もあります。お墓の墓石そのものも、こうした費用に含めてもよいものといえますが、特に民間墓地の場合には、特定の墓石店が指定されていて、その墓石店からしか調達できない条件がかかっていることがあります。その場合、いくら他店で安い墓石がみつかったとしても、それは利用できないということに留意すべきです。なお、できるだけ費用を安くするのであれば、納骨堂のような合葬形式を選択するという方法もあります。ほかにも、散骨といった方法までも視野に入りますので、どのような方法がよいのかは今一度検討すべきでしょう。