東京以外の霊園と比較した場合のメリット

東京エリアとそれ以外の霊園とを比較した場合、特に都心周辺の施設においては、アクセスが非常に良いというメリットがあります。郊外に行けば行くほど自然環境が良くなり、住宅地から離れた場所にあるような霊園は、広大な敷地を生かしてバリアフリー化を進めていたり、美観にこだわった樹木葬エリアなどを設けるなど、環境の良さを生かした工夫をしていますが、アクセス面など都心部の施設における便利さと比べると、墓所に向かうだけでかなりの時間を要してしまいます。鉄道駅から離れた施設の場合、マイカーで行けるうちは良いのですが、高齢になって公共交通機関に頼るのみとなった時に、墓所に赴くこと自体が困難になってしまいます。都心周辺には古くからの墓地がありますが、いずれも新規で墓所区画を持つのは難しく、メリットの恩恵に浴すにはややハードルが高めとなっているのが悩ましいところです。

アクセスの良さを生かした都市型納骨堂

東京のみならず、首都圏の大都市部周辺では、長年、慢性的な墓地不足に悩まされています。新たな墓所区画を設けるため既存の施設を拡張したり、新規に造成する計画を進めるものの、従来通りの墓石建てるタイプの墓所区画をまとまった量で増やすのは、現実的には大変難しい状態となっています。そこで注目されているのが、都市型納骨堂です。室内墓苑などとも呼ばれ、駅前納骨堂という異名もあります。その名の通り、主要な駅の徒歩圏内にあり、スタイリッシュな外観のビル内に納骨室が設けられ、カード操作等で個別に参拝スペースに呼び出して墓参ができる仕組みになっています。郊外にある通常タイプの墓地と違い、草むしりや墓石掃除の大変さもなく、天候を選ばず墓参が可能なことから、注目度を高めているニュースタイルの墓所となっています。

大都市圏ならではのメリットを享受

東京エリアにある霊園においては、古くからある公営施設以外では、都心周辺の便利な場所にある都市型納骨堂か、郊外の風光明媚な地に新設が進んでいる樹木葬区画や永代供養墓といったニュースタイルの墓所の2種類が人気となっています。従来通りの墓所を望むのであれば、やや不便なエリアにあっても、公営霊園の新規募集に応募することになります。アクセスの良さなど、都心部ならではの便利さを享受するのであれば、都市型納骨堂か、個別埋葬にこだわらなければ永代供養墓という選択肢があります。特に、最新システムで管理され、高齢になってからの墓参にも体力面で負担がかからない都市型納骨堂は、従来型の墓所にこだわっていた人にも注目されるようになっており、東京を中心に、さらに増えていくと考えられます。