どのようなサービスを求めて東京近郊の霊園を探すのか

東京のような大都会やその近郊であれば、地方とは違って、霊園に関してもさまざまなタイプのものがあります。そのなかには、単にお墓を建てるための土地を造成し、その一部の区画を分譲するということだけではなく、利用者に対して一定のサービスを行っているようなところもあります。逆にいえば、お墓そのものだけを目的として適地を探すということではあまり意味がなく、その後のサービスまでをあわせた上で、どこがよいのかを検討することが重要になってきます。このような視点は、ともすれば忘れがちになってしまうものといえますが、少なくともお墓というものは頻繁に購入するようなものではないだけに、慎重に下調べをした上で、いろいろな比較を経て、購入するかどうかの判断を下すことが望まれます。

日常的な管理や墓参に関わるサービス

東京近郊での霊園探しをする場合、サービスとしてぜひとも必要なものとしては、墓域を日常的に管理することや、墓参のための便宜を図ることが挙げられます。管理についてですが、より具体的にいえば、供物をそのままにせずに片付けたり、その他落ち葉やごみなどを拾うといった清掃のサービスがあります。墓石を高圧洗浄で清潔にするといった、依頼にもとづく個別的なサービスも当然あり得ます。ほかには、墓参のときに線香や生花などを購入できるような売店があったり、あるいは手桶などを貸し出すようなサービスがあると便利です。なかには相当に大規模な敷地をもっていて、食堂が併設されていたり、そこまでではなくても法事や会食ができるスペースを貸し切りにできるようになっていることもあります。

納骨堂などの施設を運営するサービス

東京近郊の霊園といえば、通常は屋外の土地を区画して、特定の区画について、永代にわたる使用を認めるというのが一般的なありかたであるといえます。しかし、なかにはこうした一般的な墓地の分譲は当然行っているとしても、そのほかに敷地内で納骨堂のような施設を運営するサービスをしているところがあります。これらは空き区画も豊富であって、一般的な墓地よりも廉価であるというところから、最近は特に人気を集めているところです。こうしたなかには、屋内にあるロッカーのような立体の区画に納骨をするものもあれば、骨壷がふだんはバックヤードに格納されていて、墓参のときだけカードキーで呼び出すと、クレーンやコンベアで礼拝ブースまで運び出されるといったハイテク仕様のものまであります。