東京近郊にある霊園の平均的な相場

東京近郊にある霊園と言っても、公営施設か民営施設かで、平均的な相場は変わってきます。一般的に費用がかからないと考えられている公営霊園ですが、都心周辺など、便利なエリアにある施設では、土地代が少なからぬ影響を及ぼします。墓地不足が慢性化している昨今、都心部の公営施設は公募があっても非常に競争率が高く、公営にこだわる場合でも、都心から離れた郊外型を選んで探すほうが現実的な面があります。面積によっては安価な墓所区画も見られる民営施設をも視野に入れることで、選択肢を広げることができます。便利な都市型施設か、環境の良い郊外型といったことも含めて、多様な側面からメリットやデメリットも考えて、平均的な相場を見ながら、候補を絞り込んでいくことが肝心です。

選択肢が広がる近郊エリアの民営霊園

各自治体が管理運営している公営施設は、その市区町村に住民票があり、一定期間在住している人でなければ、公募があっても応募できる資格がありません。それに加えて、競争率の高い人気施設の場合、住民であってもなかなか当選できないという実情があります。民営施設であれば、隣接する他エリアの住民であっても墓所を持つことが可能となっていますので、東京においても、周辺の県にある人気の民営霊園に応募する人が少なくありません。そういった他県に近い地域に住んでいる場合、土地代も含め平均的な相場が、東京よりもかなりリーズナブルになります。利用しやすい鉄道路線沿いや、マイカーでアクセスしやすい場所にある他エリアの民営施設も視野に入れながら、候補を選んでいくという方法もあります。

施設の利用しやすさも含めて考えたい相場

東京で墓地を持つにあたっての総額は、墓所区画や墓石を建てる費用も含めて、概ね260万円から300万円ほどかかると言われています。その費用に加えて、大都市圏では、場所によってそれなりの額となる年間の管理費用なども考えて選ぶ必要があります。都心部やその周辺にある便利な都市型施設の場合、墓所区画使用料はもちろん、年間の管理費も高額となります。郊外型の場合、公営施設では、使用料も管理費も抑えられますが、安価なだけに、墓参のときに掃除道具一式を持参する必要があるところもあります。その点、民営施設は園内の整備が行き届き、居心地の良い休憩所なども用意され、バリアフリーへのリニューアル工事も行うことで、墓参に負担がかからないよう配慮されている施設が多くなっています。そういった費用対効果的な面も考慮しておくほうが、賢い選択に繋げられます。

法事の手配や、仏壇の準備などのご相談もお気軽にどうぞ。 鳳友産業グループの霊園、墓地、永代供養墓、葬儀、ペット霊園、鳳友ともの会のご案内。 お客様のニーズにお答えするため、永代供養墓をご用意しています。 ペット霊園では、犬や猫、小鳥の供養を行っています。 霊園から葬儀まで一つの窓口で承ります。 今までの霊園と違い、石材店や霊園の管理もすべて一社で行うのでもしもの時も安心。 霊園を東京でお探しなら鳳友産業グループ